建売住宅とは?福井・石川の住宅会社がメリット・デメリットを紹介!


みなさん、こんにちは!福井・石川の住宅会社リビングスペースです。
リビングスペースでは、建売住宅の中でも「ワンランク上の性能とデザイン」をご提供させていただいております。

みなさん、理想のマイホームが欲しいけれど、なるべく費用は抑えたい。住宅選びを失敗したくない。そう思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、専門家や建築関係のお仕事に携わっていない限り、住宅の種類や選ぶポイントもわからず「結局、どんな家を選ぶといいのかわからない」という方が多いでしょう。

そこでオススメなのが「建売住宅」です。

「建売住宅」はその名の通り建築された状態で販売されている住宅のことです。すでに完成している物件のため、一から設計する必要もなく、比較的選びやすいものといえます。ただ、理想のマイホームを購入するためには、住宅の良さや自分に合っているかどうかを把握しておかなければいけません。

そこで今回は福井・石川の住宅会社リビングスペースが、あなたのために「建売住宅とはそもそも何なのか?」をメリット・デメリットを通してご紹介します。

そもそも建売住宅とは?

理想のマイホームを考えるとき、主に2つの住宅を考えてみましょう。

・間取りやデザインを一から設計する「注文住宅」

建築された状態で販売されている「建売住宅」(分譲住宅)

そもそも建売住宅とは、一般的に住宅の仕様が概ね決まっていて、すでに完成された状態で販売されている物件のことを指します(厳密にいうと、建売住宅も建築前から販売はしています)。

-土地と住宅をセットで購入する

戸建ての住宅を購入するには、さまざまな方法があります。たとえば、親が持っている土地を利用して、建築士に新築の依頼をしたり、自分の好きな場所で土地を購入して住宅会社の住宅を購入することも可能です。

このように土地と住宅を別々で用意・購入する方法を聞いたことがあるかもしれません。ただ、一般的に「建売住宅」を購入する場合は「土地」と「住宅」をセットで購入します。住宅の購入方法で一番手間がかからず、請求先も同じなので手続きが複雑になることがありません。

住んでいる上で何か問題が発生した場合も、その要因が土地と住宅のどちらに責任があるのかといったことも調査する必要がないため、購入した住宅会社に相談していただくことで迅速に解決することができるんです。

理想のマイホームを手に入れるためには、ただ予算を考慮して住宅選びをするだけでなく、アフターフォローも安心して受けられるようにすることが重要になりますね。

豊富なラインナップからあなたに合った住宅を決められる

「建売住宅」では概ね規格が決まった住宅を、豊富なラインナップからお選びいただけます。一から設計することに悩む必要もなく、利便性やデザイン性の高さも安心できるため、住宅選びに失敗することなく理想のマイホームを見つけられるんです。

豊富なラインナップから間取りやデザイン、内装を吟味しながら住宅をお選びいただけるので、初めてのマイホームを購入する方でも自分に合った住宅を購入することができますよ。

福井・石川の住宅会社リビングスペースでは、1棟1棟丁寧に企画・デザインを行って、あなたのライフスタイルに寄り添いながら、安心・安全・快適な住まいをご提案させていただいております。

建売住宅のメリットとは?

ここまでで建売住宅がどんな住宅なのかお分かりいただけたかと思います。

ここからは「建売住宅」のメリット・デメリットをご紹介します。このページを参考にしていただきながら、「建売住宅」ああなたの理想とするマイホームにマッチしているかどうか、確認してみてください!

「建売住宅」におけるメリットは主に3つで、すでに建てられている住宅だからこそ得られるものばかりです。あなたの理想の住宅を選ぶのヒントになるので、ぜひチェックしておきましょう。

比較的手頃な価格で購入できる

建売住宅の大きなメリットの1つとして、比較的手頃な価格で購入できることが挙げられます。

価格が安い理由は、主に次の3つです。

・物件の仕様が概ね決まっており、適切な資材を必要なだけ発注できるため

・土地と住宅を一緒に購入することで、仲介手数料が不要になるため

・一から設計したり、特殊な間取りやデザインを施す必要がないため

建売住宅はすでに完成しているので、デザインや間取りといった設計の打ち合わせにかかる人件費がいりません。また、決まった規格であることから、安く資材調達することができるのも特徴です

そして建売住宅は土地と住宅を一緒に購入するので、契約は1社で大丈夫です。別々に購入してしまうと、複数契約しなければいけないだけでなく、合計の費用が高くなってしまうことがあるんです。

外観や内装、使用感を確認できる

2つ目のメリットは、「実際に住宅を確認してから購入できる」ことです。

「注文住宅」は、購入を決めてから「設計・建築」を開始するので、完成までどんな家が出来上がるか、利便性があるかどうかがわかりません。一方で、「建売住宅」の場合は、完成している家の購入を検討するので、実際に家をみに行くことができます。

建売住宅では、十分利便性が感じられるように作られているとはいえ、これから住む家の使用感やデザイン、間取りを実際に確かめられれば、購入してから後悔することもないので安心ですね。

入居までの手続きが短く、生活設計がしやすい

3つ目のメリットは、住宅を購入してから入居までの期間が短いことです。

注文住宅とは違い、設計から建築まで完了しているので、購入を決めてからすぐに入居できます。内覧できれば引越し前から、入居後の生活をイメージしやすく、転勤やお子さんの入学など、住宅購入をお急ぎの方にとっても、すぐに入居できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

建売住宅のデメリットとは?

ここからは、建売住宅のデメリットをご紹介します。メリットだけでなくデメリットも把握して、あなたに合った家を探してみましょう。

設計の自由度が高くない

建売住宅のデメリットとしては、間取りやデザインが決まっているため、自分好みの家にすることができないことです。場合によっては、一部間取りや設備を変更することができたりするものの、一般的には自由に変えられないことが多いです。

建売住宅とはいっても、デザインや設備で自由が効く部分があるかを相談してみるのも良いでしょう。ただ、特殊な間取りや自分好みなデザインにしたいという方は、建売住宅だけでなく注文住宅を検討してみることをおすすめします!

個性的なデザインにしにくい

そして建売住宅は規格が決まっているため、外観がそっくりな住宅が近隣の住宅街に並ぶことは珍しくありません。似た住宅が並ぶことで、街並みとしては美しい景観になります。

リビングスペースでは「ワンランク上のデザイン」の建売住宅をコンセプトにしているので、デザインにこだわりがある方でもご満足いただけるのではないでしょうか。。

その一方で、個性的なデザインにすることができないため、デザインから自分好みにしたいという方にとっては、物足りなく感じてしまうかもしれません。

「せっかくマイホームを立てるなら個性的な外観・デザインや色を選びたい」という方は、注文住宅を検討してみましょう。近隣の住宅とのバランスや理想のマイホームをイメージを考えながら、景観を損なわない住宅を選ぶことも大切なポイントです。

まとめ

今回は「建売住宅とはそもそも何なのか?」を、メリット・デメリットを通してご紹介しましたがいかがでしたか?

「建売住宅」は、物件の規格が概ね決まっていて建築された状態で販売されるため、「注文住宅」に比べて費用が安く、利便性の高さにも安心感のある住宅であることがわかりましたね。

前もって住宅を内覧したり、使い勝手を実際に確認することができるので、住宅選びを失敗する心配もなく、入居後の生活設計もしやすいことも大きなメリットです♪

ぜひ、このページを参考にあなたの理想のマイホームを検討してみてはいかがでしょうか?

福井・石川の住宅街者リビングスペースでは、注文住宅の劣らない、ワンランク上の性能とデザインの建売住宅をご提供させていただいております。販売中の戸建て住宅や土地情報などもご紹介しているので、ぜひ、一度みてみてください!